ル・コルビュジエ 絵画から建築へ - ピュリスムの時代



20世紀建築の巨匠、ル・コルビュジエ(1887−1965)が設計した国立西洋美術館本館が、2016年にユネスコ世界文化遺産に登録されたことは記憶に新しいですが、その国立西洋美術館の開館60周年を記念した展覧会『ル・コルビュジエ 絵画から建築へ - ピュリスムの時代』が、2月19日(火)〜 5月19日(日)まで開催されています。

第一次大戦の終結直後の1918年末、シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ(コルビュジエの本名)と画家アメデ・オザンファンは、機械文明の進歩に対応した「構築と総合」の芸術を唱えるピュリスムの運動を始めます。そして、絵画制作に取り組みながら新しい建築の創造をめざしたジャンヌレは、1920年代パリの美術界の先端を行く芸術家たちとの交流から大きな糧を得て、近代建築の旗手「ル・コルビュジエ」へと生まれ変わります。

本展では若きコルビュジエが故郷のスイスを離れ、芸術の中心地パリで「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した時代に焦点をあて、絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど多方面にわたった約10年間の活動を振り返ります。コルビュジエが世に出た時代の精神を、彼自身が作り出した世界遺産建築の中で体感できる、またとない機会となっています。

BUILDING店頭でも入館料が100円割引になるしおりを配布しておりますので、ご来店の際は是非お手に取っていただけると幸いです。

『ル・コルビュジエ 絵画から建築へ - ピュリスムの時代』
会期:2019年2月19日(火)〜 5月19日(日)/ 月曜休館
開場時間:9:30 〜 17:30(金土は20:00まで)
会場:国立西洋美術館 本館 / 東京都台東区上野公園7-7
入場料:一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円
| BUILDING | 10:48 | - | - |
謹賀新年


新年明けましておめでとうございます
皆さまにとって幸多き一年になりますように
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

平成31年 元旦 BUILDING店主
| BUILDING | 08:00 | - | - |
2018 / 2019



本日30日(日)を持ちまして、2018年の営業を無事に終了いたしました。
今年も一年間BUILDINGをご愛顧いただきありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

早いもので、白金高輪に移転してもうすぐ4年が経ちます。2019年は年明け早々にスペシャル企画の発表もございますので、是非お楽しみにお待ちいただけると嬉しく思います。また、年末に駆け込みで入荷した家具たちもすべてご紹介しきれませんでしたが、ヴィンテージ&ユーズドのページにアップしておりますので、お時間のあるときにゆっくりご覧いただけると幸いです。もちろんメールでのご注文もお待ちしております。

お伝えしておりました通り、年始は5日(土)11時からのスタートとなります。
皆さま良いお年をお迎えください。
| BUILDING | 18:00 | - | - |
謹賀新年


新年明けましておめでとうございます
皆さまにとって幸多き一年になりますように
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

平成30年 元旦 BUILDING店主
| BUILDING | 10:00 | - | - |
2017 / 2018



本日29日(金)を持ちまして、2017年の営業を終了いたしました。今年も一年間BUILDINGをご愛顧いただきありがとうございました。

今年は3月のArchitectural Potteryの展示販売会を皮切りに、4月には松屋銀座さんで第2回目の開催となったMODERNISM SHOWへの出店、そして11月に開催したポール・ケアホルム展と、振り返るとイベントも盛り沢山な一年でした。

また、オープン当初から更新を重ねてきたヴィンテージ&ユーズドのアーカイブは1,000アイテムを超え、デザイナー家具の一資料としての機能も持ち始めているようにも思います。来年はさらに充実したセレクトと、変わらず丁寧な家具製作を心掛けていきたいと思っております。来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

お伝えしておりました通り、年始は6日(土)11時からのスタートとなります。
皆さま良いお年をお迎えください。
| BUILDING | 18:00 | - | - |
安藤忠雄展 -挑戦-



各メディアでも話題の『安藤忠雄展 -挑戦-』を観るため、国立新美術館まで行ってきました。

日本を代表する建築家、安藤忠雄。その半世紀に及ぶ建築への挑戦の軌跡を辿る素晴らしい展示内容。会場内をびっしりと埋め尽くした直筆のスケッチや設計図、精密な模型、そして原寸大で公開されている「光の教会」も素晴らしかったです。改めて建築とは、クライアント・設計者・施工業者が三位一体にとなって初めて成立するものなんだと実感することができました。特に、平面図を実際に形にしていく施工業者の苦労や功績も相当なものだろうなと思いました。

型破りな発想、スケールの壮大さは私が語るまでもありませんが、各セクションに掲げられた安藤氏のメッセージが、とても実直で、真っ当で、心に響きました。また、安藤氏からクライアントに贈られる手作りのパネルが本当にユーモラスで、人を喜ばせるのが大好きなんだろうなと伺い知ることができました。おそらくこの直筆サイン入りの図録も来場者を喜ばせるためのギフトなんだと思います。

12月18日(月)までの会期ですので、まだ観に行かれてない方は是非足を運んでみてください。

『安藤忠雄展 -挑戦-』
会期:2017年9月27日(水)〜 12月18日(月)/ 火曜休館
開場時間:10:00〜18:00(金土は20:00まで)
会場:国立新美術館 / 東京都港区六本木7-22-2
入場料:一般1,500円、大学生1,200円、高校生800円
www.nact.jp
| BUILDING | 13:27 | - | - |
Carl-Harry STALHANE exhibition.



羽根木の08bookさんで先週末から開催中の『カール=ハリー・スタルハネ展』に伺ってきました。

スウェーデンを代表する陶芸家、カール=ハリー・スタルハネ。白と黒の釉薬のみでセレクトされ、綺麗に並べられたベースや器たちは、どれも繊細だけど柔らかく、手の温もりを感じられる優しいフォルム。スタルハネの陶器は過去に何度も目にしていましたが、改めてシルエットの美しさに気付かされる展覧会です。

11月5日(日)までの開催となっておりますので、是非皆さんも足を運んでみてください。こちらのジャーナルで予習してから伺うのがオススメです。

『Carl-Harry STALHANE exhibition』
会 期:2017年10月13日(金)〜 11月5日(日)
会 場:08book / 東京都世田谷区羽根木1-21-12 / tel.03-5329-0801
時 間:11:00 〜 19:00 / 月火定休
http://08book.jp
| BUILDING | 13:57 | - | - |
柳本浩市展 “アーキヴィスト - 柳本さんが残してくれたもの”



昨年3月に46歳の若さで急逝されたデザインコレクター・柳本浩市さんを追悼する展覧会『柳本浩市展 アーキヴィスト - 柳本さんが残してくれたもの』が、先週末4月29日(土)から6月4日(日)まで、自由が丘のsix factoryで開催されています。

私が柳本さんを知ったのはたしか2000年前後。雑誌のインテリア特集やデザイン特集に度々登場する柳本さんの自宅のインテリアやコレクションを食い入るように見ていました。その後、上京して家具屋で働くようになり面識ができ、BUILDINGを始めてからもお会いする度に、柳本さんを知る人はみな口を揃えて仰るように “1質問すると、10にも100にもして返してくれる” その惜しみない知識の広さと深さに、いつも感銘を受けていました。



当展覧会では柳本さんが自ら作成し自宅に保管していた資料ファイルが公開されており、来場者は実際に手に取って貴重な内容を見ることができます。そこには多様な領域の記事や文献とともに、伝説的エアライン「ブラニフ」や過去のオリンピック関連の印刷物なども含まれており、世界各国のスーパーマーケットや郵便局などで入手した食品パッケージ、洗剤などの容器、配送用ボックスなども展示され、様々なアイテムが図書館のように分類と関連性をもって展示されています。

柳本さんのアタマの中を再現したような膨大な資料の数々は、とても1回では見切れないボリュームです。是非期間中2度3度と足を運んでみてください。柳本さんが残してくれた過去のアーカイヴからきっと新しい発見が見つかるはずです。


【柳本浩市展 アーキヴィスト - 柳本さんが残してくれたもの】
会期:2017年4月29日(土)〜 6月4日(日)/ 会期中無休
開場時間:12:00〜18:00
会場:six factory(東京都目黒区八雲3-23-20)
入場料:一般500円、大学生200円(学生証提示)、高校生以下無料
主催:柳本浩市展実行委員会
協力:株式会社 良品計画

《柳本浩市展実行委員会メンバー》
中原慎一郎(有限会社ランドスケーププロダクツ)/ 佐藤達郎(株式会社デルフォニックス)/ 横川正紀(株式会社ウェルカム)/
小林恭+マナ(設計事務所ima)/ 郷古隆洋(Swimsuit Department)/ 土田貴宏 / 熊谷彰博
| BUILDING | 10:41 | - | - |
GINZA SIX.



4月12日(水)〜17日(月)まで松屋銀座にて開催いたしました『MODERNISM SHOW -モダンデザインからポストモダンまで-』は無事に閉幕いたしました。ご来場いただきました皆さまには心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。
また第3回目を開催できるよう、各ショップ切磋琢磨していきたいと思っております。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

昨夜は怒涛の撤収作業を終え、今日もまだまだ片付けが残ってるところですが、20日(木)にグランドオープンする『GINZA SIX』のプレビューに先ほどお邪魔してきました。メゾンブランド、ハイブランドからストリートブランドまで様々なショップが軒を連ねており、銀座エリア最大級の商業施設との呼び声も納得のクオリティでした。各ショップ趣向を凝らした空間デザインも楽しかったです。

老舗の松屋銀座さん、三越さんから最新のGINZA SIXまで、また銀座が面白くなりそうですね。皆さんも是非足を運んでみてください。
そしてBUILDINGは明日19日(水)から通常営業となります。トップギアで情報更新していきますのでどうぞお見逃しなく!!
| BUILDING | 17:33 | - | - |
片山正通的百科全書。



日本を代表するインテリアデザイナー・片山正通氏のプライベートコレクションを一堂に展示する展覧会『片山正通的百科全書 - Life is hard... Let's go shopping』が、本日8日(土)より東京オペラシティ アートギャラリーにて開催されます。

現代アートからヴィンテージ家具、骨董、さらには多肉植物に至るまで、片山さんの審美眼にかなった膨大なコレクションが丁寧に並べられた空間は非常に刺激的で、時間を忘れてただただ単純に楽しめる展覧会となっています。個人的には日本人写真家の作品群がとくに素晴らしかったです。

片山さんのクリエイティビティの根源に直に触れられるような貴重な機会です。是非皆さんも足を運んでみてください。

『片山正通的百科全書 - Life is hard... Let's go shopping』
会 期:2017年4月8日(土)〜 6月25日(日)
会 場:東京オペラシティ アートギャラリー / 東京都新宿区西新宿3-20-2 / tel.03-5777-8600
時 間:11:00 〜 19:00(金・土は20:00まで) / 休館日 月曜日
www.operacity.jp
| BUILDING | 11:31 | - | - |

Search

Shop info

BUILDING / ビルディング

〒108-0072
東京都港区白金3-11-10 MAP
tel. 03-6447-7748
fax.03-6447-7749

open. 水・木・金 13:00 〜 19:00
   土・日・祝 11:00 〜 19:00
close. 月・火

www.building-td.com
info@building-td.com

       

Category

Entry

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Archives

Feed