KOSAKU KANECHIKA.



デヴィッド・ボウイ大回顧展が開催されていることでも話題の天王洲・寺田倉庫エリアに昨年9月にオープンした「TERADA Art Complex」の5階に、新しいアートギャラリー「KOSAKU KANECHIKA」が昨日3月11日(土)オープンされました。

そのオープニングを飾る記念すべき第1回目の展覧会は、舘鼻則孝展『CAMELLIA FIELDS』。大学の卒業制作で発表し代表作となる「ヒールレスシューズ」がレディー・ガガの目にとまり、専属のシューメイカーとなったことで脚光を浴びた舘鼻則孝氏による、手彩色した真鍮鋳物の椿を3メートルもの広さに敷き詰めるインスタレーション作品のほか、「ヘアピンシリーズ」「フローティングワールドシリーズ」なども展示されています。

以前も少しご紹介したことがありますが、このKOSAKU KANECHIKAのオーナー・金近さんはBUILDINGオープン当初からのお客さまで、今回のオープンにあたってヴィンテージの椅子をセレクトいただきました。同じ5Fフロアには谷中のSCAI THE BATHHOUSEが運営する「SCAI PARK」もオープンしています。どちらも素晴らしい展示内容となっていますので、是非皆さんも足を運んでみてください。

KOSAKU KANECHIKA
〒140-0002 東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 5F / Tel : 03-6712-3346
開廊時間 11:00〜18:00(金のみ〜20:00)/ 日月祝休廊
http://kosakukanechika.com
| BUILDING | 11:44 | - | - |
Mid-Century MODERN.



公私ともにお世話になっている家具屋の大先輩「Mid-Century MODERN」さんが、2月18日(土)代官山から品川港南エリアに移転リニューアルオープンされました。

ロフト付きのメインスペースと2Fの雑貨スペースに分かれた素敵な空間で、メインスペース奥に積まれたイームズシェルのストックはやはり圧巻!オープニングはハーマンミラー社の復刻品とヴィンテージ品を集めたジョージ・ネルソンのイベント『Fully Nelson』が開催されています。

新しい店舗は品川駅港南口から徒歩10分くらいの場所。少し足を伸ばせば、天王洲のT.Y.HARBORや寺田倉庫のTERRADA ART COMPLEXやT-Art Galleryといったアートスポットも散策できるエリアです。是非皆さん足を運んでみてください。

Mid-Century MODERN
〒108-0075 東京都港区港南4-2-26 / Tel.03-6451-4531
営業時間:11〜20時 / 年中無休
www.mid-centurymodern.com
| BUILDING | 12:12 | - | - |
謹賀新年。


新年明けましておめでとうございます。
皆さまにとって素敵な一年になりますように。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

平成29年 元旦 BUILDING店主
| BUILDING | 10:00 | - | - |
2016 / 2017



本日29日(木)を持ちまして、2016年の営業を終了いたしました。今年も一年間ありがとうございました。

今年はBUILDINGとしての大きなイベントはありませんでしたが、10月にビームスさんで発売いただいたLOOPWHEELER for BUILDINGの12色のアルミナムチェアは大変多くの反響をいただき、BUILDINGを広く知っていただくとても有意義な企画となりました。ちょうど同じ時期にスタートしたSOCALEとの住宅リフォーム計画もなんとか年内でお引き渡しすることができ、こちらも年明けには完成後のお写真等また当ブログでご紹介したいと思っております。

白金高輪に移転してもうすぐ2年です。白金台〜恵比寿〜白金高輪と2年ごとに移転してきたBUILDINGとしては、そろそろ移転の時期かな・・・というのは冗談ですが(笑)、今までよりもさらに家具を楽しんでいただけるように、BUILDINGらしい家具作りとセレクトをしていけたらと思っております。2017年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

お伝えしておりました通り、年始は6日(金)13時からのスタートとなります。ヴィンテージ&ユーズドアイテムも大物がたくさん入荷していますので、1月の更新をどうぞお見逃しなく!
皆さま良いお年をお迎えください。
| BUILDING | 19:01 | - | - |
SOTTSASS.



明日12月10日(土)より、恵比寿の『SOMEWHERE TOKYO』さんで、1980年代に活躍したイタリア人デザイナー、エットレ・ソットサスの作品にフィーチャーした展覧会が開催されるようです。

ソットサスはDavid Bowieがコレクションしていたことでも有名なMemphis Millano(メンフィスミラノ)の発起人として、80年代のデザインを象徴する数々の名作を生み出しました。日本でもいくつかの作品を発表しており、日本との関係も意外と深かったソットサス。デザインを狭義の意味のデザインから打ち破り、ものでなく、観念を持ち込んだオブジェとして創作してきた氏の功績は、今のデザイン界の潮流にも脈々と息づいています。

またその独創的な作風はデザインを超えて、今も多くの若きクリエイター、ファッションデザイナーなどに多くの影響を与えています。 そんなソットサスの長いキャリアの中でも、ひとつの到達点であった80年代の作品を中心に紹介されるとのこと。カラー、パターン、造形を通してソットサスが表現した「デザインの詩情―Poetry of design」を体感できる展示になるようです。

作品はすべて展示販売されるとのことなので、ご興味のある方は是非足を運んでみてください。

『SOTTSASS - ソットサス』
会 期:2016年12月10日(土)〜 25日(日)
会 場:SOMEWHERE TOKYO / 東京都渋谷区恵比寿南2-7-1 1F / tel.03-6452-2224
時 間:13:00 〜 19:00 / 休廊日 12日(月)、13日(火)、21日(水)
www.somewheretokyo.com
| BUILDING | 14:02 | - | - |
アンダーズ東京が出会った、竹尾ファインペーパー。



地域の個性を大切にし、その土地ならではの要素を取り入れる新しい形のライフスタイルホテル「アンダーズ東京」と、紙の専門商社として120年近い歴史を持つ「株式会社竹尾」の邂逅によって生まれた様々なペーパーアイテムが並ぶ展覧会『Fine Paper, Fine work - アンダーズ東京が出会った、竹尾ファインペーパー』が、竹尾青山見本帖で開催されています。

今回この展示を企画し、アンダーズ東京のペーパーアイテムのアートディレクションを手掛けた商業美術研究所の榎本一弥さんは、じつはBUILDINGのロゴマークをデザインしてくださった方です。小規模ですがとても素晴らしい展示なので、期間中是非皆さまも足を運んでみてください。

『Fine Paper, Fine work - アンダーズ東京が出会った、竹尾ファインペーパー』
会 期:2016年11月1日(火)〜 11月30日(水)
会 場:株式会社竹尾 青山見本帖 / 東京都渋谷区渋谷4-2-5 プレイス青山1F / tel.03-3409-8931
時 間:11:00 〜 19:00 / 土日祝休
| BUILDING | 14:46 | - | - |
broadbean.



オープン当初から取り扱わせていただいているBUILDINGではお馴染みのダストボックス。このダストボックスをデザインしている設計事務所「broadbean」が、明日10月21日(金)に六本木に新しく誕生するアートスポット・complex665の1階にオリジナル家具のショールームをオープンされます。

Taka Ishii GalleryやWAKO WORKS OF ARTをはじめ、数々のアートギャラリーの空間デザインを手掛けてきたなかで培われた普遍的な美しさと洗練されたバランス感覚。ミニマルでありながら素材感が際立った家具をシーズンごとにインスタレーションスタイルで展開されるとのことです。

オープニングを飾るインスタレーションは“oval”。今までになかった楕円型のテーブルとウォールミラーが展示されます。このcomplex665には、Taka Ishii GalleryShugoArtsTomio Koyama Galleryと錚々たるギャラリーも同時オープンされます。是非皆さまも足を運んでみてください。

broadbean
〒106-0032 東京都港区六本木6-5-24 complex665 1F / tel.03-3263-8990 / http://broadbean.jp
営業時間 11:00〜19:00 / 定休日 日・月
2016年10月21日(金)オープン



そして、今回のショールームのオープンを記念して、ショールームの仕上げ材にも使われているアメリカンチェリーを使用したダストボックスが限定発売されます。BUILDINGでも少量取り扱わさせていただくことになりましたので、ご希望の方はオーダーフォームから「アメリカンチェリーのダストボックス希望」と送信いただけると幸いです。もちろん、店頭でお持ち帰り用の在庫もご用意しております。価格は定番カラーと同じ15,000円(+tax)となります。

10月21日(金)〜23日(日)の3日間は六本木アートナイト2016も開催されるので、complex665のオープニングと合わせて六本木の夜が盛り上がりそうです。今週末はアート一色の六本木に是非お出掛けください!
| BUILDING | 09:49 | - | - |
Hiroshima - Okayama



昨日は臨時休業をいただき、広島と岡山を駆け足で回ってきました。目的は広島・原爆ドームそばにオープンしたおりづるタワーの5階で開催されている『LE CORBUSIER & PIERRE JEANNERET : CHANDIGARH,INDIA』を見るためです。

昨年11月に代官山で開催された同展覧展の巡回展となりますが、前回を遥かに凌ぐ圧巻の作品数。丁寧にメンテナンスされた実用的なコンディションで、ホンマタカシ氏の写真作品含め会場の家具はすべて購入することができます。おりづるタワー屋上展望台からの眺めも素晴らしかったです。

『LE CORBUSIER & PIERRE JEANNERET : CHANDIGARH, INDIA』
会 期:2016年10月9日(日)〜 23日(日)
会 場:おりづるタワー 5F / 広島市中区大手町1-2-1 / www.orizurutower.jp
入場料:大人 1700円 / 中・高生 900円 / 小学生700円 / 幼児(4歳以上)500円
主 催:Gallery - SIGN
協 力:TARO NASU / (株)広島マツダ

また、今回の展覧会を企画・主催しているGALLERY - SIGN Hiroshimaでも、コルビュジエの作品にクローズアップした企画展が開催されています。おりづるタワーから徒歩10分ほどの距離なので、是非合わせて足を運んでみてください。

『LE CORBUSIER』
会 期:2016年10月9日(日)〜 23日(日)
会 場:GALLERY - SIGN Hiroshima / 広島市中区小町1-1-4F / www.sign-tokyo.net
入場料:無料
主 催:Gallery - SIGN
協 力:TARO NASU



そしてもうひとつの目的は、岡山で開催されている岡山アートサミット2016。こちらは岡山の街全体で体験できるアートイベントですが、その中で旧後楽館天神校舎跡地にジャン・プルーヴェが設計したプレハブ式の教室が展示されています。プルーヴェの建築の構造やディテールを間近でみることができるまたとない貴重な機会です。
そして岡山と言えば、天神山文化プラザ〜林原美術館〜岡山県庁コースで巡る前川國男建築探訪もオススメです。

できれば一泊してゆっくり回りたいところでしたが、東京から日帰りでも十分に楽しめるコースだと思います。是非皆さんもこの機会に広島と岡山を訪れてみてはいかがでしょうか。

『Okayama Art Summit 2016』
会 期:2016年10月9日(日)〜 11月27日(日)
時 間:9:00 〜 17:00(入館16:30まで)
休館日:月曜日(10月10日を除く)
鑑賞券:一般 1,800円 / 学生 1,200円 / シルバー 1,300円 / 団体 1,300円
www.okayamaartsummit.jp
| BUILDING | 10:27 | - | - |
VINTAGE OF ART -時と国を超えた美の世界-



本日10月5日(水)〜10月18日(火)まで、 新宿伊勢丹本館5階のウエストパークにて「VINTAGE OF ART〜時と国を超えた美の世界〜」が開催されています。

SWIMSUIT DEPARTMENTSOMEWHERE TOKYOELEPHANTギャラリー北欧器の4社が集った合同イベント。4社の特徴が色濃く表れている楽しいセレクトで、それぞれ年代も国も違う個性豊かなデザイン・ヴィンテージアイテムがぎっしりと並べられています。もちろんすべてその場で購入できます。

貴重なレアアイテムから比較的手頃なプライスの品まで揃っていましたので、是非皆さまも足を運んでみてください。

『VINTAGE OF ART -時と国を超えた美の世界-』
2016年10月5日(水)〜10月18日(火)/ 10:30〜20:00
新宿伊勢丹本館5階 / 〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1 / tel.03-3352-1111
| BUILDING | 14:32 | - | - |
PREVIEW:A GROUP SHOW OF REPRESENTED ARTISTS





明日9月26日(月)より、銀座の「SPACE TGC」にて、『KOSAKU KANECHICA / PREVIEW:A GROUP SHOW OF REPRESENTED ARTISTS』が開催されます。

今回のプレビュー展を主催する金近幸作さんは、じつはBUILDINGオープン当初からのお客さま。長年在籍されていたギャラリーから独立されて初めての企画展となります。今回のプレビュー展では、陶芸家・桑田卓郎氏、アーティストの佐藤充氏、そしてレディー・ガガのシューズデザインでも知られる舘鼻則孝氏の新作を展示販売されるとのこと。

場所は銀座バーニーズニューヨークがある交詢社ビルから徒歩数秒のところです。6日間のみのポップアップ展となりますので、期間中是非足を運んでみてください。

『KOSAKU KANECHICA / PREVIEW:A GROUP SHOW OF REPRESENTED ARTISTS』
2016年9月26日(月)〜10月1日(土)/ 11:00〜19:00 会期中無休(最終日18:00まで)
オープニングレセプション:2016年9月26日(月)18:00〜20:00
SPACE TGC 〒104-0061 東京都中央区銀座7-7-4 銀座本店浜作ビルB1F / Tel. 03-6264-6569
| BUILDING | 12:23 | - | - |

Search

Shop info

BUILDING / ビルディング

〒108-0072
東京都港区白金3-11-10 MAP
tel. 03-6447-7748
fax.03-6447-7749

open. 水・木・金 13:00 〜 19:00
   土・日・祝 11:00 〜 19:00
close. 月・火

www.building-td.com
info@building-td.com

         

Category

Entry

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Archives

Feed