H HOUSE - Interior Design -



昨年の9月からスタートした西麻布にある築35年の木造住宅のリフォーム計画
無事昨年末にお引渡しできていたのですが、竣工写真がようやく上がってきましたのでご紹介させていただきたいと思います。

プランニングはいつもの通りBUILDING×SOCALEのタッグで進めていきました。大きな変更点としては、増改築で3LDKになっていた間取りを、パントリー付きキッチンをメインとした2LDKに。当時としては珍しい2600mmの天井高をそのまま生かし、ブラインドから漏れる陽が心地よい開放的なリビングダイニングが完成しました。



もともとは独立していたキッチンも、リビングダイニングと一体となったL字型のオープンキッチンに変更。お料理の先生をされている奥さまのご希望も伺いながら、ステンレストップのキッチンカウンターには温もりのあるオーク材を採用しました。右側に見えているグリーンのパーテーションの奥が冷蔵庫置き場とパントリーとなっています。
リフォーム前のBefore画像がこちらでご覧いただけますので、見比べていただくと面白いかと思います。



料理教室に訪れる生徒さんにも気持ち良く使っていただけるよう、洗面所にもキッチンと同じタイルとグレイッシュグリーンを。ラウンドミラーがアクセントになっています。玄関ドアも来客時の目印になりやすいようグレイッシュグリーンを採用しました。

SOCALEのホームページではその他の写真や設備の詳細も掲載されていますので、是非ご覧いただけると幸いです。
今回のような住宅リフォームや店舗の内装デザインのご依頼は随時お承りしておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

Interior Design
| BUILDING | 13:42 | - | - |
H HOUSE リフォーム #04 - Interior Design -



BUILDING×SOCALEで進めている築35年の木造住宅のリフォーム計画。
スケジュール通り順調に進み、工事も中盤に差し掛かっています。

天井と壁面はほぼ張り終えパテ作業の真っ最中。ここまで来ると間取りや広さの感覚も分かりやすいです。間取りは大きくは変えていませんが、玄関からの廊下をスライドさせてストックルームを設けたりと、日常の使い勝手を考慮しています。



この奥のスペースが今回のリフォームの主役とも言えるキッチンになります。元々は壁で仕切られていましたが、取り払って2面のオープンなキッチンを設計しています。キッチンの設置は最後になるかと思いますが、今から楽しみです。

次回もまた進捗状況ご報告したいと思います。

Interior Design
| BUILDING | 13:55 | - | - |
H HOUSE リフォーム #03 - Interior Design -



BUILDING×SOCALEで進めている築35年の木造住宅のリフォーム計画。

先週から始まった解体工事も順調に進み、現状壁面はほぼ素っ裸の状態です。前回の写真と比べていただくと分かりやすいかと思います。壁面や天井は壊してみないと分からないことが多いのでプラン変更を余儀なくされることもありますが、今回は大きな問題はなく細かな確認作業を進めているところです。



こちらは寝室になるスペース。改築で2部屋に分けられていた壁面を取り払い、広々とした空間になりました。ただ、寝室としては少し広すぎるので、奥に大きなウォークインクローゼットを作る予定です。左右に見える元々の収納もできる限りそのまま残して活用できるようにしていきたいと考えています。

次回もまた進捗状況ご報告したいと思います。
あ、そう言えば、SOCALEのホームページがリニューアルしたみたいですよ!

Interior Design
| BUILDING | 14:37 | - | - |
H HOUSE リフォーム #02 - Interior Design -



BUILDING×SOCALEで進めている築35年の木造住宅のリフォーム計画。
増改築で現在3LDKになっている間取りを、パントリー付きキッチンをメインとした2LDKに変更していくプランに固まりました。当時としては珍しい2600mmの天井高をそのまま生かして、開放感のある居住空間を作っていきたいと思います。

家具類もすべて運び出し、今週からいよいよ解体工事が始まります。

Interior Design
| BUILDING | 10:27 | - | - |
H HOUSE リフォーム #01 - Interior Design -



BUILDINGとSOCALEによる新しいインテリアデザインプロジェクトがスタートしました。今回は個人住宅のリフォームです。

12月末の完成を目指してプランの検討も大詰め。完成までの様子は当ブログでご紹介していきたいと思います。

Interior Design
| BUILDING | 11:11 | - | - |
ATTACHMENT SHIBUYA Opening Reception.







ATTACHMENT SHIBUYA
東京都渋谷区神南1-5-7
Tel. 03-5784-1370
営業時間 12:00〜20:00 / 不定休
www.attachment.co.jp
| BUILDING | 11:11 | - | - |
ATTACHMENT SHIBUYA.



熊谷和幸氏率いるATTACHMENTの都内2店舗目となるフラッグショップが8月30日(土)に渋谷区神南にオープンします。

当ブログでもお伝えしておりました通り、弊店BUILDINGとインテリアデザイン事務所SOCALEのタッグでショップデザインを担当させていただきました。ATTCHMENTの洋服が持つある種の緊張感を感じながらも、ミニマルで心地の良い空気が流れる空間が完成しました。

場所は公園通りを登りきった渋谷区役所前交差点にあるデイリーヤマザキの真向かいです。
渋谷店のオープンに合わせて、限定アイテムも発売されるとのことですので、是非足を運んでみてください。

ATTACHMENT SHIBUYA
2014年8月30日(土)オープン
東京都渋谷区神南1-5-7
Tel. 03-5784-1370
www.attachment.co.jp
| BUILDING | 11:16 | - | - |
ATTACHMENT SHIBUYA #03 - Interior Design -



ネルソンイベントの準備と平行して、インテリアデザインプロジェクトもいよいよ大詰めです。

天井・壁面は真っ白に仕上げられ、試行錯誤を重ねたハンガーラックも無事設置されました。画像はまだ養生が貼られた状態ですが、今回ハンガーラックと什器はすべてステンレスのフラットバーを用いて製作しました。ミニマルな空間の中に、このステンレス無垢材の硬い質感が、ある種のアクセントになっています。



照明計画にもこだわりました。そのデザイン性と品質の高さから、海外の美術館やギャラリーで好んで使われているドイツ・ERCO社のLEDスポットライトを採用しました。
国内のギャラリーやショールームでもたまに見かけますが、ブティックでERCOの照明を使用しているところは珍しいと思います。ERCO社独自のレンズ制御光学システムで、ムラのないフラットな明かりを作り出してくれます。



そして、今回のプロジェクトで重要な役割を担っているのがこのフローリングです。幅300×厚30mmのダグラスファー無垢材(ヨーロッパ産米松)を一面に敷き込みました。少々粗野な印象を与えがちな米松材ですが、ホワイトオイルで仕上げることで、自然の持つ力強さを残しながらも、上質な空間を演出してくれます。ステンレスフラットバーとのコントラストも狙い通りです。

例のナラ材のカウンターも無事に設置完了し、残すは仕上げとクリーニングのみとなりました。
完成は今月末にはお披露目できると思います。

Interior Design
| BUILDING | 11:04 | - | - |
ATTACHMENT SHIBUYA #02 - Interior Design -



少し間が空いてしまいましたが、インテリアデザインプロジェクトも順調に進行しています。
スケルトンだった空間に壁面や仕切りが立ち、まだまだ下地の段階ですが、全体像がぼんやり見えてきました。

今回のプロジェクトは、過度な造作はせずデザインの要素を極力抑えることで、素材の質感や仕上げのディテールを浮き立たせるミニマルな空間を目指しています。
梅雨も明けて蒸し暑いなか、こちらの意図を理解して丁寧に仕事を進めてくれる工務店と職人の皆さんには本当に頭が下がります。



そして、BUILDINGは什器製作のため、木場にある材木メーカーまで木材選びに向かいました。
膨大な材木の山から、一枚一枚色味も木目も違う無垢材を、あ〜でもないこ〜でもないと接ぎ合わせの並びを決めていきます。

こちらも汗だくでの作業でしたが、メーカーの方も親切にこちらの要望に付き合ってくださり、納得の木材を選ぶことができました。
今回選んだナラの無垢材を使って、大きなカウンターを製作します。

Interior Design
| BUILDING | 17:30 | - | - |
ATTACHMENT SHIBUYA #01 - Interior Design -





BUILDINGSOCALEが手掛ける初のインテリアデザインプロジェクトがスタートしました。
スケルトンの状態から、無垢の材料にこだわったミニマルで上質な空間を創り上げていきます。

当ブログでも完成までの様子を追っていきたいと思います。どうぞお付き合いください。

Interior Design
| BUILDING | 09:54 | - | - |

Search

Shop info

BUILDING / ビルディング

〒108-0072
東京都港区白金3-11-10 MAP
tel. 03-6447-7748
fax.03-6447-7749

open. 水・木・金 13:00 〜 19:00
   土・日・祝 11:00 〜 19:00
close. 月・火

www.building-td.com
info@building-td.com

         

Category

Entry

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Archives

Feed